コールセンター委託のメリット

テレマーケティング

コールセンター

インバウンド

インバウンド

インバウンドテレマーケティングは、サービスのお問い合わせや商品の注文、クレームなどお客様からの電話を受ける受電業務のことを指します。

このインバウンド業務では、相談窓口やヘルプデスク、受注やテクニカルサポートなど、お客様対応が主な業務となり、これらの業務を行なう場合、お客様からの様々なご要望やトラブルのお問い合わせがあるため、サービスや商品の知識が必要不可欠となります。

インバウンドテレマーケティングの主なサービス

インバウンドテレマーケティングの主なサービス内容をご紹介致します。
貴方の検討している業務がどこに当てはまるのかをご覧頂き、業者選びにご活用下さい。

インバウンドサービス
お客様相談窓口 お客様より頂くお問い合わせや意見、苦情などの相談窓口を代行。
お客様の不満や不安を解消し、お客様の満足度の改善を致します。
ヘルプデスク 社内の技術面での質問や要望を受けるヘルプデスクの代行業務も行なっています。
社内エンジニアに掛かる負担を軽減し、その他業務の活性化させることが出来ます。
テクニカルサポート お客様に商品を購入していただいた後、それらの使い方やメンテナンス、修理方法などの対応を行なう電話代行サービス。
受注・申し込み 通販やカタログなどからの商品やサービスの注文電話に対応する代行サービスです。
クロスセルやアップセルまで行なってくれるコールセンター代行サービスもあるようです。

上記のように、一概にコールセンターといってもその用途によって様々なサービスがあり料金も異なります。
料金面で言えば、回線数や専用回線か共同回線かなどでも異なってくるため、受電数や委託内容によってより御社のニーズに合った業者をお探しいただければと思います。

共同回線と専用回線

インバウンドテレマーケティングには月額固定型と従量課金型の2種類があり、一般的には月額固定型は専用回線、従量課金型は共同回線の場合が多いようです。

月額固定型は1ブース借りという形が多く、御社専用のオペレーターをつけることが出来ます。
従量課金型では、数社で複数回線を使うと言う形で、空いている回線を使って電話対応を行います。
複数社で共同の回線を使うからといって、社名やサービスのいい間違いなどはないように各社でしっかりと管理されており、回線が込み合っている場合は自動音声によって対応している業者が多いです。

ご相談はこちら
よくある質問
掲載企業募集中

物流倉庫

ダイレクトメール

ビジネスフォン

印刷会社

POSシステム

複合機リース・レンタル

FAXDM