物流倉庫基礎知識

一括.jp > 物流倉庫 > 物流倉庫基礎知識

ネットショップや小売業者に最適な物流倉庫・発送代行業者

一般的にいわれる物流倉庫とは、出荷を控える在庫商品を保管しておく場所を指し、企業は在庫補充や出荷の際に直接その倉庫から商品を発送します。港や高速道路のインター、貨物駅などに近い流通の便のよい場所に立地しており、出荷を迅速に行う環境にあります。最近では、通販ショップ・ネットショップの商品の保管に使われることが多くなってきています。
一括.jpではネットショップ運営企業様に対し、ネットショップの業務に対応した物流システムを備える物流業者様をご紹介いたします。

なぜ物流倉庫が使われるのか?

通販ショップ・ネットショップにとって一番の成功は多くのリピーターの獲得にあります。受注管理はサイト運営企業で、商品管理・発送管理は物流倉庫専門業者へとタスクを分ければ仕事の効率化が図れ、質の高い対応ができ、お客様の満足度につながります。そして「信頼できるサイトさん」だと感じてもらえれば次回もお買い物をしてもらえるのです。

物流システム完備とは

ネットショップ企業様が自社内でサイト運営・顧客対応・商品アイテム拡充と同時に商品管理と発送準備を行うのはリスクが多すぎます。そこで、商品管理と発送フローに特化した物流倉庫業者にアウトソーシングする企業様がほとんどです。
物流に特化した専門業者様ですので取り扱い商品カテゴリーに応じて質の高い対応が期待できます。

  • 検品 バーコード検品などを使い、データによる検品作業
  • 格納 パレットや棚など商品のカテゴリーに合わせた保管方法が可能
  • 衛生管理 食品を扱う場合徹底した衛生管理と冷蔵・冷凍設備を備える
  • ピッキング データ管理された商品をフルオートマチックで自動ピッキング
  • 出荷ラベル 受注時に現場で作成され、自動ピッキングで振り分けられた商品に添付される
  • ロケーション 商品のローテーションによる棚割りも完全管理

上記のように完全データ管理の業者もあれば、手作業による安定した作業を行う業者もあります。どのような業者様であっても、迅速に確実に商品発送に高いクオリティで対応します。

自社物流センターを構え、人員を揃えることが最も効率的ではありますが、初めからそうは行きません、建設費・人件費その他もろもろのコスト、後から気付く不足設備などリスクを抱えることになります。お客様の事業に合った物流倉庫の規模というものが必ずありますので、まずはお客様のECサイトの現状を把握しそれに沿った物流倉庫業者様をご紹介いたします。
その後一括お問い合わせをしていただき、ご返答があった業者様と今後の事業計画などを話し合われてみて比較検討し、お客様のご要望に合った業者様とご契約ください。

物流倉庫のメリット

  • 在庫管理業務に忙殺されることがなくなり、コンテンツの追加など本来の業務に時間を割くことができる
  • 大型倉庫で在庫管理をするので、取り扱い商品数もアップ
  • 専門の物流業者様のシステムにより、誤配送・破損などのリスクを減らすことができる
  • 専門業者なので安定した物流業務をが行える
  • 最適なコストでの物流業務が行える

物流倉庫の基本的なメリットはこのようなものになります。
自社内で行っていた梱包・発送業務を物流業者様にて行うことで、自社内の労働力をネットショップ運営業務に集中させることができます。お客様が直接見るのはサイトです。サイトのコンテンツの充実が図れていなければリピーターになってくれる新規顧客も生まれません。
ネットショップの取り扱い商品の魅力、サイトデザインの魅力、ミスのない商品配送、丁寧な顧客対応。これらがうまく連動して初めて成功するネットショップといえるものだと思います。
まずは物流業務を物流業者様にアウトソーシングすることから始めてみましょう。業者によりお取り扱いしている種類も様々ですので、一括.jpでお問い合わせし比較検討してお客様自身のメリットを見つけてください。

電話お問い合わせはこちら
商品カテゴリー
よくある質問
掲載企業募集中

無電極ランプ

テレマーケティング

ダイレクトメール

FAXDM

POSシステム

決済代行

システム開発