一括.jpセキュリティ > セキュリティ基礎知識

セキュリティ 一括見積もり・問い合わせの基礎知識

一括.jpでは、セキュリティの導入をお考えのお客様へ
一括でセキュリティ業者へお問い合わせ出来るサイトです。
以下の、セキュリティ業者を比較し、お問い合わせ下さい。


もしもの為に・・・・

個人情報漏洩に関する社会的関心を反映してか、情報漏洩のニュースを頻繁に見うけます。

近年の情報漏洩事件の損害賠償総額は約4570億円程度と言われ、事件1件につき4億8000万円の賠償額と言われています。

各社の情報システム部門は、最低限の責務と自社の社会的信用を失わないよう、情報漏洩防止対策を必死に検討している人は多いかと思います。

しかし、セキュリティ商材もそれに比例して増え、セキュリティ対策として何がベストなのか?
どれだけのコストをかければよいのか? 混乱している担当者も多いかと思います。

そんな時、まずはプロに聞いてみたらきっと悩みは解決できるはず。
簡単に色々な会社を比較・検討できる方法はないのかと思い、このサイトを立ち上げました。

まずは、自分の会社 ・規模にあったセキュリティ製品を導入することが重要です。

弊社では、セキュリティ商品の中でも下記のカテゴリーを用意しています。

情報漏洩対策
情報漏洩セキュリティ イメージ

全世界とつながっているインターネットは、情報漏洩が非常に発生する可能性が高いと言えます。
情報漏洩の70%は内部から発生していると言われていて、昨今においては、故意によるものだけではなく、操作ミスや不注意といった過失による情報漏洩も多く発生しています。
これらをいかに対策するのか、これが情報漏洩対策といえます。

line

認証セキュリティ
情報漏洩セキュリティ イメージ

ネットワークに接続されたコンピュータを利用するユーザーは、さまざまな脅威にさらされている状態にあります。 そのため、ユーザーの正当性を証明するユーザー 認証技術を用いることで、 なりすましによる不正アクセスなどの脅威からユーザーやシステムを守ることが可能です。 よって、認証セキュリティは今後の企業・組織の情報システム部門にとって、重要な課題 ・セキュリティ対策となります。

line

メールセキュリティ
情報漏洩セキュリティ イメージ

今、ビジネスには欠かすことのできない「メール」。ビジネスツールとしての浸透と同時に、それを逆手に取った迷惑行為 ・違法行為の事件 が増加しています。その防御策として、迷惑メール、スパム対策、情報漏洩対策など、各企業の情報システム部門のセキュリティ対策への関心も現在ピークへと達しています。 セキュリティ商材の中でも有名な代表格の1つと言え、どの企業にも必要なセキュリティ対策となります。

line

ネットワークセキュリティ
情報漏洩セキュリティ イメージ

コンピュータネットワーク上での安全確保のための防衛策。 システム攻撃者からコンピュータを守り、不正アクセスの防止や情報漏洩の阻止、システムの安定性保持を行なうこと。 具体的には、システムの弱点の補強やアンチウイルスソフトの導入、適切なパスワード管理、機密データの暗号化、ファイアウォールの設置など、様々な脅威からシステムを防衛する行為を指す。 セキュリティ商材の中でも基礎的な対策となります。

line

その他セキュリティ
情報漏洩セキュリティ イメージ

上記セキュリティカテゴリーでは、言い表すことのできないタイプのセキュリティ商材も多数ございます。その場合は、その他セキュリティという形で紹介させて頂きます。

優良な製品を厳選して掲載しております。
是非、ご活用ください。