ISOは国際的な規格なので、公的にも信用を得られる認定です。しかしその分申請は何かと面倒なので、コンサル会社に依頼することをお勧めします。
ISO一括.jpなら複数のISO取得会社に完全無料で見積もり依頼ができ、御社のニーズにあったコンサル会社が簡単に見つかります。

日本最大級の一括比較検討サイト一括.jpでは、多数のカテゴリーを運営するノウハウで、お客様のニーズにあった業者を無料でご紹介します

お問い合わせ
掲載業者一覧
ISOとは?

ISOとは、国際標準化機構のことを言いますが、一概にISOといっても目的によっていくつかの種類に分かれます。
そのため、ISOを取得する場合は、ISOマネジメントシステムを構築したい理由や、何を目的としてISOを導入するのかなどを明確にする必要があります。

また、ISO規格の最大の目的は『自社に合ったマネジメントシステムの構築』であるため、「これをやったらアウト」と決めているわけではありません。
このように自由度が高い反面、ISO要求事項の理解したうえでISOシステムを作るのが必須事項となってきます。

ISO取得のメリット

ISO規格は他社が用意したルールを自社にも導入するといったようなものではなく、ISO要求事項や自社の営業形態などから、自社に最も合ったマネジメントシステムを構築するものです。

[point1]品質管理の明確化

ISO導入により商品やサービスの管理、作業手順の明確化により、従業員が適切な判断ができ、全体的な効率の向上に繋がります。

[point2]システムの劣化防止

ISO認証登録が完了後も、6ヶ月又は1年ごとの定期審査や3年ごとの更新審査があり、これらがシステム劣化の防止となります。
また、継続的にシステムの改善が行われるため、顧客満足度の向上にも繋がります。

[point3]業務の漏れや重複防止

従業員の責任や権限などが文書化する事で明確になるため、業務の漏れや重複を防ぐことができます。

ISO認定取得までの流れ

STEP1[ マネジメントシステム構成/運用 ]

現状の業務内容の分析とISO規格の要求事項を確認し、マニュアルの作成を行ないます。
ここで作成したマニュアルを基にして、その他の文書の作成を行なってください。
その後、作成したマニュアルで、実際の業務を運用していきます。

STEP2[ 文書審査 ]

ISO審査機関に審査申請を行い、作成した文書のチェックを行ないます。
この際、記入漏れや書類不足などによる修正等がある場合があります。

STEP3[ 現地調査 ]

ISO認証審査では、本審査を行なう前に予備審査と言うものがあり、この予備審査を基にして本審査を行ないます。
本審査では、代表者、従業員、その他関係者などにも協力してもらい、文書の内容がしっかりと行なわれているかなどを確認します。

STEP4[ ISO認定取得 ]

文書審査・現地審査を経て、可否の判定が行なわれ、合格した場合は後日ISO認証取得が完了したものとなります。
また、ISO認証取得後は3年ごとに更新審査が必要となるため、合格後も継続的に内部監査を行なっていく必要があります。

PマークとISO同時取得のメリット

PマークとISO、どちらも取得しアピールすることができれば、BtoBはもちろんBtoCにおいても非常に有利になります。さらに複数の認定を取得することで、同業他社と比べられたときに差別化を図れます。
一度で複数の認定をひとつの会社に依頼することで、フローや時間を簡略化できます。
「Pマーク・ISO取得一括.jp」では複数の認定を取り扱うコンサル会社にも一度でお問い合わせできますので、御社にあった認定を一気に取得できます!

詳しくはコチラ
ご相談はこちら
LED照明
よくある質問
掲載企業募集中
システム開発
ダイレクトメール
FAXDM
データ入力
メール配信
一括お問い合わせ