デバイスに変更されるフェイスブック広告の種類をご説明致します。

0120-411-900

フェイスブック広告の種類

Facebook広告のデバイスによった広告の配信種類をご紹介いたします。

一括.jpフェイスブック広告 > フェイスブック広告の種類

フェイスブック広告では、どのように広告表示されるかを理解する事で、対応デバイスや必要となる素材も変わってきます。

デバイスによる表示の違いについて

PC版のFacebook広告は、以下2箇所に表示されます。
1.センターカラム(中央)のタイムライン(ニュースフィード)
2.サイドカラム(右側)カラム上部
タイムライン(ニュースフィード)への広告表示は、Facebook利用者の友達の投稿の間に表示される為、ユーザーの目に付きやすく広告の表示が可能です。
また、CTR(クリック率)も高く、多くの認知・流入効果があります。


スマートフォン版では、「モバイルニュースフィード(タイムライン)」へ広告が表示されます。
他にも「サードパーティー」という掲載箇所もあり、ここにはFacebookと連携したアプリを利用すると、スマートフォンの画面の下側に広告が表示されるようになります。

※ただし連携するアプリの詳細は公表されておりません

タブレット版は、スマートフォン版と同様に「モバイルニュースフィード(タイムライン)」へ広告が表示されます。
スマートフォン版よりも広告が大きく表示されるので、目立つこと間違いなしです。

電話お問い合わせはこちら

よくあるご質問

掲載企業募集中

リスティング代行

モバイル広告

動画広告

交通広告

一括お問い合わせ