法人携帯のメリットのご紹介

0120-411-900

法人携帯のメリット

お得な料金プランやセキュリティ管理に関して

一括.jp法人携帯 > 法人携帯のメリット

ビジネスを円滑にする法人携帯

法人携帯ではビジネスに有効活用するための、特別なプランを設定しているケースも少なくありません。
個人での契約よりもよりお得に設定しているため、無料通話時間が大幅に増えているので仕事中に外出先から心置きなく電話をかけることができます。

また、外出中に直接会社に自分宛の電話が掛かってきた、個人の携帯番号を伝えていなかったので会社に戻ってから折り返したが、レスが遅くなったため契約が破棄になってしまった!
このような機会損失を法人携帯を使うことで回避することも出来ます。
名刺に法人携帯番号を載せるなどしておくと、直接担当にコンタクトしてくるのでスピーディな取引が可能になります。

プランによっては、社員同士の通話が24時間無料になるなどのサービスが付くこともあります。
加えて、無料通話分の振り分けサービスの付くプランでは、あまり外出しない社員の無料通話分を営業マンに振り分けて効率的なコスト運用をするなど、徹底してビジネスに寄与できるサービスを展開しています。

スマートフォンもラインナップ

利用者の増えているスマートフォンでも契約することができますが、メールやインターネットを利用するためのパケット料金も通話料金に含まれることが多いので注意が必要です。

法人携帯メリットまとめ

タイムリーにクライアント対応

取引先にストレスを与えずに営業対応を行なえます。

無料通話が多い・余った時間の振り分け繰越が可能

無料通話として使える時間が多いのが特徴。しかも、利用頻度が少ない社員から無料通話分を振り分けることができる。

社員同士の通話は基本無料

同一契約内の携帯電話なら通話料が24時間無料となります

遠隔操作でコントロール

携帯電話をなくしてしまったときのために、遠隔操作でロックをかけたり、データを消すことができる。

リスク回避

ビジネス上の大切な情報が入った法人携帯をなくしてしまった!

どんなに注意しても、このようなケースは起こりうるものです。

市販品の携帯電話と異なった仕様になっている法人携帯は、万が一のときに備えて遠隔操作で携帯電話にロックをかけることもでき、その上、最悪の場合には携帯電話内のデータを全て消去することもできるなどの厳重なセキュリティ対策を施した機種も存在します。

会社の備品という意識

会社の備品であるという意識付けをすることで、自宅に持ち帰らない、個人的な通話には使わない、紛失・故障などの際には報告させるなど、一元管理することができます。
会社側でリスクを回避し、管理することができるのも法人携帯の魅力になります。

退職した社員に情報を渡さない

個人の携帯電話をビジネスで利用するうちにクライアント情報や社内の重要なデータが本体のなかに蓄積されていきます。
もしその社員が退職したときに、会社を離れてから携帯電話内の重要な情報を利用してビジネスを始めるといったことも考えられますが、法人携帯を導入していれば退職後に情報を再利用されるリスクも防げます。


※なお、これらのメリットは全ての業者の法人携帯プランに適応されているわけではありません。業者によっては対応していないサービスやプランが御座います。

電話お問い合わせはこちら

よくあるご質問

掲載企業募集中

ビジネスフォン

複合機リース・レンタル

物流倉庫

テレマーケティング

メール配信

FAXDM発送代行

リース・割賦