中古ビジネスフォンに関して

一括.jp > ビジネスフォン > ビジネスフォン依頼一覧 > 中古ビジネスフォン

中古ビジネスフォンをご検討の皆さまへ

中古のビジネスフォンを検討されている方々の一番の理由は「安いから」という点に絞られるのではないでしょうか。
ビジネスフォンに関わらずどんなものでも、一度誰かが使用したものは価値が下がり中古で市場に出回る際には割安価格が設定されます。

しかし、お客様のなかには中古品を不安視される方もいらっしゃいます。

・型落ちして機能面で劣るのではないか

・故障のリスクが高そうでメーカー保証もなさそう

・同じ機種でそろえることが難しそう

これらの懸念点に関して「そんなことはありません、大丈夫です」とはいえないのが実際のところ。
新品のビジネスフォンと比べたらどうしても劣ってしまいます。

機能面

とはいえ、ビジネスフォンにとって一番大事なことは、回線番号振り分け・保留・内線・電話帳・転送などのビジネスフォンとしての基本的な機能が備わっているかどうかです。
その点で言えば、中古品であっても何も問題ないといい切れます。
例えば、テレビの3Dシステムをニュース番組やバラエティ番組でも常に使っているわけではない、むしろ使う頻度は少ない。というように、ビジネスフォンであっても最新機種に搭載された機能を毎回使うということは無いはずです。
ですから大抵の会社さんでは型落ちしていても基本的な機能が通常通り使えるなら、日常業務に支障がでることはまずありません。

故障リスク

購入した中古ビジネスフォンが数年前の機種のため、メーカー保証対応期間が過ぎていることは考えられます。
しかし、当サイトに掲載している業者はメーカーではなく取扱店であるので、独自に保証を設けている業者も存在します。お問い合わせ時に各業者に確認してみてください。

また、これも業者によるのですが、中古のビジネスフォンをパーツごとに分解し洗えるものは洗浄した上で再度組み立てなおし、機能チェックを経てから在庫にまわしますので衛生的にも見た目的にも新品と変わらない品質を保っている場合もあります。
パーツをばらした段階である部品に欠陥が見つかった際には部品交換をするので、故障リスクをぐんと抑えられることになります。そこまでしない業者でも、品質チェック・機能チェック・通話チェックをしてからお客さまのもとにわたりますので最初から故障していたなんて心配はありません。

同じ機種がそろえられない

在庫がないので、導入しようとしている数が足りないことはしばしば起こります。
その際には同じメーカーの機種でマイナーチェンジしたモデルや、ワンランク上の上位機種、モデルチェンジした次の機種で代用することになります。
だからといってむやみやたらに代用品を使うわけではなく、互換性を持った機種でそろえるので機能面で不具合が起こることは考えられないのでご安心ください。


このように良く使う機能面で新品と大差なく、考えうる問題点にリスクヘッジできているのなら中古品で経済的にお得に導入することをご検討ください。
なお、ここに記載されているポイント以外に懸念していることがあれば、無料お問い合わせの際の詳細内容欄にご記入し送信いただくと、業者から的確な回答を受け取ることができます。

事業拡大や人員増加のタイミングに合わせて電話の回線数を増やしたい。どのくらい増やしたらいいか相談や、上限数などが気になる方はこちらから。

電話お問い合わせはこちら

ビジネスフォン依頼一覧

よくあるご質問

掲載企業募集中

法人携帯

複合機

テレマーケティング

印刷会社

物流倉庫

POSシステム

FAXDM